川口ニュース

西川口駅発バス車内で刃物を持った男性を運転手や乗客が協力して確保。バスジャック訓練が功を奏す。

西川口駅発の国際興業バス車内で、刃物を持った男性を運転手や乗客が協力して確保。埼玉県警川口署から重大事件を防いだとして感謝状が贈られたそうです。

国際興業バス写真はイメージです

毎日新聞に詳しい記事が掲載されていました。

記事によると事件の概要は以下の通り。

8月5日(金)の夜、西川口駅から発車した国際興業バス車内で乗客で同バス会社社員がカッターナイフを所持する男性に気づき、運転士にバスを止めて警察に連絡するよう依頼。異変に気付いた他の乗客と協力して男性を取り押さえたそう。乗客は十数人いたが、けが人はいなかったそうです。

乗り合わせた乗客の方は怖い思いをされたと思います。ご無事で何よりです。

なお、いち早くカッターナイフを持った男性に気づいたバス会社の方は、社内で行われたバスジャック訓練にならって行動したんだとか。

バス会社にはいろいろな緊急事態を想定した訓練があるとは思いますが、バスジャック訓練もあるんですね。東京オリンピックなど、国際的なイベントがある関東ならではなんでしょうか。

感謝状を贈られた皆様、その勇気ある行動に感謝です!

■川口マガジンでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!情報提供していただいた方の中から毎月4名様に500円のアマゾンギフトをプレゼントさせていただきます。

情報提供フォームへ

●川口マガジンTwitterはこちら。
●川口マガジン公式インスタグラムはこちら。
●川口マガジンfacebookはこちら。

川口マガジンのオススメ記事がLINEに届く!登録はこちら↓


友だち追加