東川口ランチ&グルメ

麺匠 喜楽々 東川口 優しい味わいの鶏白湯らーめんをたっぷり堪能してきたよ。

麺匠 喜楽々

東川口の駅から2~3分の場所にある麺匠 喜楽々にいってきたよ。

麺匠 喜楽々

初めて鶏白湯らーめんを出したお店のようで、無化調の美味しいラーメンが食べられるお店です。

こちらのやさしい味のラーメンが好きで、東川口にいくと、よく食べるんです。

今回は久々に訪問してきたよ。

ではでは、さっそくいってみよう!

場所

地図はこちら。

住所は、埼玉県川口市戸塚2丁目24−4です。

JR東川口駅の南口を出て、左側へ横断歩道を渡って、モスバーガーの横の線路沿いをすすんでいきます。
麺匠 喜楽々 アクセス

すると、右側にお店があります。
麺匠 喜楽々

店内

L字型のカウンターの店内は、清潔感があって、女性の一人客のお客様もいらっしゃいました。
麺匠 喜楽々 店内

店内入ってすぐの券売機で食券を購入します。

今回は、味玉 喜楽々らーめん870円の細麺にしてみたよ。太麺もありました。

美味しい食べ方

美味しい食べ方が出ています。

麺匠 喜楽々 美味しい食べ方

鶏白湯らーめんの店 麺匠喜楽々
喜楽々らーめんの美味しい食べ方
一、先ずはスープを一口すする。
一、化学調味料を使用していないので、味が物足りないと感じる場合には塩昆布を加える。
一、好みで、花山椒入り胡椒を入れても美味しい。
一、辛味をきかせたいときは、特製のラー油を加える。
一、量が足りない時は、替え玉(100円)を注文する。
一、出来ればスープまで飲み干す。

当店は、初めて鶏白湯らーめんを出した店 です。一見スープはとんこつスープに見えますが、実際にはモミジ・鶏ガラ・種鶏・などを白濁するまで長時間煮込んで作っています。 そうする事で鶏の臭みを消し、奥深い甘味とコクのあるスープが出来上がるのです。
店主

テーブルの上に塩昆布と花山椒入り胡椒があります。
麺匠 喜楽々 塩昆布 花山椒入り胡椒

味が薄いと感じる方は塩昆布を入れて食べていきます。編集員は、塩昆布を入れて食べるのが好きなんです♪

じゃじゃーん!これが、味玉 喜楽々らーめんだよ!

味玉 喜楽々らーめん

おおおお、白い!白いスープの海です☆彡

クコの実の赤と味玉の黄色が白いスープの上ではえますね~♪
味玉 喜楽々らーめん

ではでは、まずは、スープを一口、いただいてみましょうかねえ。油が浮いた感じ、美味しそうだねえ♪

味玉 喜楽々らーめん

うん、美味しい!あっさりした優しい味わいの旨味あるスープです♪

さあ、お次は麺をいただてみましょう。
味玉 喜楽々らーめん

ズビズバズビっ♪

うんうんうん、いいねいいねいいね(・∀・)イイネ!!

優しい味わいのスープによくあいますよ。

こちらはメンマじゃなくって、たぶん、芋がらじゃないかな。この歯応え、好きです。

味玉 喜楽々らーめん

たっぷりとスープに付けて味玉もいただきます☆彡
味玉 喜楽々らーめん

味変に突入!

さあ、そろそろ、味変に突入します!机に貼ってある“美味しい食べ方”に沿っていただいてみます。

まずは、塩昆布を投入!
味玉 喜楽々らーめん

そして、花山椒入り胡椒を入れます。
味玉 喜楽々らーめん

味が濃くなって、旨味がまします☆彡
味玉 喜楽々らーめん

チャーシューも美味です☆彡
味玉 喜楽々らーめん

特製のラー油をいれちゃいましょう。
味玉 喜楽々らーめん

まぜまぜ♪
味玉 喜楽々らーめん

おおおお、心地よい辛さが加わってパンチ感が増します♪
味玉 喜楽々らーめん

というわけで、本日も美味しいラーメンをいただきました。

優しい味わいで満足、満足。

ご馳走様でした。

冬季限定!味噌カレー牛乳ラーメン

味噌カレー牛乳ラーメン 東川口 麺匠 喜楽々

麺匠 喜楽々の冬の定番!青森のご当地ラーメンの“味噌カレー牛乳ラーメン”。スパイシーでコク深い体が温まる美味しいラーメンです。

実際に食べにいった記事

麺匠 喜楽々
“味噌カレー牛乳ラーメン” 青森のソウルフードを東川口の麺匠 喜楽々で食べてきたよ! “味噌カレー牛乳ラーメン”は青森のソウルフードなんだそうで、こちら、実は東川口の麺処 喜楽々さんで期間限定で食べれるんです。 ...

店舗情報

麺匠 喜楽々
埼玉県川口市戸塚2-24-4
048-298-8634